Keisuke ikeda weblog
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #695「84年の歴史に幕を閉じた上白滝駅」 | main | #697「69年の歴史に幕を閉じた旧白滝駅」 >>
#696「87年の歴史に幕を閉じた下白滝駅」










2016年3月25日 20:00をもって87年の歴史を閉じた石北本線「下白滝駅」
定刻より2分遅れで構内に進入してきた上り列車を見送った後、こちらの駅も直ちに駅名板を撤去し、駅入口は閉鎖した。

上白滝駅の方はお見送りの人が沢山来ていたが、こちらの駅は4〜5人の鉄道愛好家の方たちが来ていたのみでした。

次駅の「旧白滝駅」が唯一駅を利用していた女子高生の卒業を待ってからの廃止というニュースが全国的に有名になってしまったので、
そちらはテレビ局や町を上げての盛大に最後のお見送りのイベントが開かれていた。

鉄道愛好家の方達も最後の「下白滝駅」停車に乗車し、次駅の「旧白滝駅」へ向かった。

「下白滝駅」に車をおいて、次駅の「旧白滝駅」へ列車で向かい、最後の瞬間に立ち会う。
そして、あらかじめ「旧白滝駅」に置いておいた自転車に乗って「下白滝駅」へ戻り車を回収する。と言う。

本当に鉄道、駅が好きなんだな〜と関心してしまった。笑

その為、列車が走り去ったあとは駅構内には関係者のみで、上白滝駅の様に駅名板を撤去の際の撮影などは無く
早々に作業を終わらせた。

今回、廃止となった白滝の名が付くの3駅の中で一番歴史の長い「下白滝駅」の最後の瞬間を立ち会わせて頂きました。

あたりは真っ暗で駅前にいる牛の鳴き声が聞こえる位、いつもと同じで静かな最後の時でした。

87年間お疲れ様でした。
JUGEMテーマ:鉄道・駅