Keisuke ikeda weblog
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #605 | main | #607 >>
#606

Leica M4 / Summaron 35mm F3.5 / Kodak TX-400 / D-76

久々にカメラを買いました。
Leica M4

本当はSONY α7を買おうと思っていたんだけどね。。。

Leicaは以前数ヶ月だけ使っていたM6以来です。
当時はレンジファインダーが苦手ですぐに手放してしまった。

あれから3年近く経ち、今ならちゃんと付き合える様な気がしたんです。

以前、お借りしたLeica M3がとても良くて、自分の中ではM型のLeicaを買うならM3!
と、思っていたのだけども予算内で買えるM3はどいつもこいつも程度の悪い物ばかり。

二重像が全然見えない物や、ファインダーがかなり汚かったり。
1/8から下の低速が動かなかったり。。。

確かに古いカメラなのでオーバーホールはするつもりでいたが、
最初からすこぶる調子の悪いカメラにお金を払ってまで買う気にはならない。

見た目が多少ボロいのは気にならないが、写真を撮る上で最低限必要な機能が使えないのはつらい。

注文しては返品を4回ほど繰り返し、「もうM3いいや。。。買うなってことだな。」となってしまった。

本当は銀座のカメラ屋さんを巡りながら色々と比べて買うのが一番なんだろうけども、
今のところ銀座に行く予定はない。

そんな時にヤフオクで発見したキズは少しあるけども、いかにも程度の良さそうなLeica M4さん。

相場よりも全然安い金額だったので冷やかしで入札したらそのままであっけなく終了。
相場よりうんと安く手に入れる事が出来た。

キズは少しあるけども程度は良好。

ファインダーも綺麗だし、二重像もクッキリ!
巻き上げもスムーズです。

とっても満足。

M型ライカの完成形と言われたLeica M4

あれだけM3!M3!言っていたのに今ではM4で正解だった様な気がしている。

1970年製の僕より10歳年上のM4
少し使ってからちゃんとオーバーホールに出して大切に使って行こうと思います。

カメラがあってもレンズが無いと写真は撮れないのでズマロンも購入した。
ほとんど50mmしか使わない僕には35mmの画角は広く感じる。

渡部さとるさんの書籍「旅するカメラ」でメガネ付きズマロンがそれはそれは素晴らしい。
と書いてあったのを読んでから、もし今度Leicaを買う時が来たら、
その時はメガネ付きのズマロンを買おうと決めていたのです。

今回はM3を買う前にメガネ付きズマロンを手に入れた。

しかし、M3を買う予定が変わり35mmのファインダーが付いているM4にしてしまった。
M4にメガネ付きズマロンが付いてるのは微妙でしょうか?

僕的には結構好きなレンズなのでとりあえずは気に入っていますけども。

早速、日曜日はワクワクドキドキのM4初の試し撮り。

とりあえずの試し撮りしたのが今日の写真です。

フィルムスキャンではなく、キャビネサイズのRCペーパーにプリントしました。

粒子が荒い。。。

何枚かプリントしてみたがいまいち調子が出ない。
綺麗な諧調と言うより、全体的にザラザラとした感じが目立つ。

試し撮りに使ったのが2008年で期限切れのTX400だったから?
3月から放置してあるすっかり真っ黄色になった全然フレッシュじゃないD-76で現像したから?
現像時間短縮の為に23℃で現像したからかな?
露出も微妙でアンダー気味のネガになってしまったから?
あっ!印画紙も期限切れでした。。。

今度は期限切れじゃないフィルムで撮影して、作りたての現像液を使い
期限切れじゃない印画紙でプリントしてみます。

もうフィルムカメラは買わないって言っていたんだけどなぁ〜
モノクロフィルムもかなり大幅に値上がりとなってしまいますます厳しい時代の到来ですね。

貧乏なんですが、できる限りは銀塩で作品を残していきたいと思っています。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへにほんブログ村