<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#705

SONY α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

16日から昨日18日まで台湾に行ってました。

16日の昼過ぎにに旭川空港を出発して、台湾に着いたら20時位で、昨日も朝3時にホテルをチェックアウトしてからの移動で滞在時間は実質1日位でしたが人生初の台湾楽しめました。

今回は旅というより、友人との旅行って感じだったので撮影モードに入らず友人と過ごす時間を楽しみました!
いや、それでも友人達が飽きれる位に写真は撮ったかな。笑

30年近い付き合いでこうやって旅行に行ったのは初めてでした。
まーバカみたいな話ばかりでしたが、良い思い出になった事でしょう。

まーなんせ暑かった!

北海道に住んでてあの暑さはかなり堪えました。

夜中だったら少しは涼しいかとおもい外に出ても30℃だったのは驚きでした!

#704

α7s + Summicron 50mm F2

約1ヶ月ぶりの更新。
全然更新しないもんだから、かなり落ち込んで寝込んでるかと思ってた。とか言われたりしましたが
私は元気ですよ。笑

本日、祖母の四十九日法要も終わったので、ぼちぼちとやって行こうと思います。
#703


祖母の葬儀が終わり一段落するのを待っていたかの様に5月29日に愛犬のルルも逝ってしまった。
享年15歳。

私、とっても溺愛していたので正直悲しみのどん底です。

あんなにいつも近くにいたのに、、、
いなくなってしまった。

去年の10月頃に祖母が肺癌が発見された頃に、ルルも体調を悪くし病院に行った所
腎臓に病気があると言われた。

年齢的に色々とガタが来る頃だろうなと思っていたが、いざそう言われると何とかしてあげたくなり
2週間に1度の病院通いをしてました。

とりあえず病院に行き点滴を打って貰えば元気そうだったので一安心していたのですが
年を越した位からドンドン痩せ細ってきてしまい、4月にはついに寝たきりになってしまい介護生活が始まった。

ご飯、水、おしっこ、うんち、寝返り、痒いとかその他、何一つ自分で出来なくなってしまい24時間の介護でした。
しまいに認知症になってしまったのか昼夜逆転してしまい夜はひたすら夜泣き。
家族で交代で徹夜で介護してました。

最初の1周間を過ぎた頃から、こんな生活いつまで続くんだ、こっちまでおかしくなってしまうぞ!と
イライラしてしまうこともあったが、こんなに小さくなってしまっても一所懸命に生きている姿を目の当たりすると不思議と頑張れた。

祖母も自分で「私が先かな?ルルが先かな?」なんて冗談で言っていたようだが、
自分もとても辛いのに祖母に会いに行くと「ルルの様子はどうだい?」と気にしていた。

祖母の体調が段々と悪くなって行くのと同じペースでルルの体調も悪くなり、
祖母が言っていた冗談もまんざらでもない感じだね。なんて言っていた矢先に祖母が逝ってしまった。

葬儀期間は家族も介護はする事が出来なかったのでいつもお世話になっている病院に入院させた。

27日に葬儀を終えて迎えに行くと、さらに容態は悪化していた。
きっと淋しかったんだろうと思う。

入院中に朝、昼、夜に病院に顔を見せに行っていたが、どんどん弱って行くのを感じた。
でも、どうにも出来ず「頑張れよ。ばぁちゃん見送ったらすぐに迎えに来るからな。」と行って病院を後にしていた。

28日には吠える事も出来ず、ただひたすら苦しそうに息をしていた。
寝たきりになっても食欲はあったのに食事も一切受け入れず、水すら飲まない。
うんちも、おしっこも自分の意思ではなく垂れ流し状態。
それでも一生懸命生きていた。

29日の朝方3時頃に苦しそうな声で泣いた。
少し体の向きを変えてやると、また静かに眠った。

朝9時頃になり10時になったら病院開くから点滴して貰いに行こうと思っていたのですが、
その前に着替えをしたくて一度自宅に帰ってすぐに戻ってくるね!と言い残し実家を出た。

僕が実家の玄関を出るときにルルは最期の声を振り絞って泣いたらしい。

きっと「行かないで!」と呼び止めてくれたんだろうか。

自宅に戻り着替えている最中に実家から電話。

「ルルやばい!早く来て!」

慌てて自宅を飛び出し、実家へ

実家の玄関のドアを開けると号泣している母と妹。

ルルのそばに行くとすでに、、、

ルル最期なのにそばにいなくてごめんな。と抱きしめると
小さく「くーーん」と聞こえた様な気がした。

待っていてくれたのかな。

祖母があんなに苦しそうにしているルルを見て「あんた苦しいでしょ?ばぁちゃんと一緒に行くかい?」
と言って連れて逝ってくれたんだと思う。
そうだったらばぁちゃんもルルも淋しくないよね。

でも、ほぼ同時に二つの命を見送った僕たちは淋しくて、淋しくて仕方がない。

ルルがうちに来たのは2001年でした。

その年に僕が上京した年、母と妹がハワイ旅行に行こうと計画をしていたが
911のテロの影響で渡米出来なくなってしまったのでその旅費で僕もいなくなってしまうので
犬でも飼おうとペットショップで見つけて家族の仲間入りした。
ホノルル空港に降り立つ予定だったけども、ホノルルに行けなかったからホノルルのルルを取って名前はルルにした。

上京すると意気込んでいた僕ですが、新しく仲間入りしてルルのあまりの可愛さに離れたくなくて、
やっぱり東京行くの辞めよかな。。。と本気で考えた事もあった。笑

もう会えないんだな。
淋しいな。。。
Check